𠮷川食品について

ご挨拶

私たち日本人の食生活は、経済の発展と共に多様化し、食文化、特にお菓子についても
世界の種々の味を楽しみながらも、日本古来の和菓子を季節感と共に味わう繊細な心も
大切に若い世代へ受け継がれております。

このような中で、北海道の豊かな材料と積み重ねた技術から、ひとつひとつ造りあげられる当社の製品は多くの皆様に愛されてきました。

今後とも真心のこもった吉川食品の製品を宜しくお願い致します。

経営理念

Management philosophy

吉川食品株式会社 外観

当社は、日本古来のお菓子である大福餅・おはぎを中心に製造しております。

北海道産の選りすぐりの小豆を自家製餡、独自開発の冷凍技術により全国各地はもとより海外にも販売しております。

より良い素材を使用し、消費者に喜ばれる商品造りをモットーに社員一同研究努力を積み重ねております。

沿革

History

昭和28年3月
創業者 吉川孝悦がまんじゅう、大福餅を家内工業にて製造し、販売。
昭和49年1月
資本金1,000万円で法人を設立し、北海道を中心とした量販店への販売を開始
昭和54年3月
北海道の市場、北海道外の市場への販売を開始
昭和57年3月
大福餅、だんご類の冷凍を開始
昭和60年3月
おはぎの冷凍を開始
昭和62年10月
系列会社よしきねと合併し、資本金1,100万円となる。
平成 5年 3月
冷凍おはぎ製法特許申請
平成 6年11月
本社、工場新設
平成 8年 2月
資本金1,700万円に増資
平成11年 7月
おはぎの製法特許取得(特許第2949548号)
平成12年12月
資本金3,000万円に増資
平成14年 5月
資本金5,000万円に増資
平成15年 4月
文部科学大臣賞受賞
硬化防止剤を用いたおはぎ生地の製造方法を開発
平成19年 1月
JIS Q 9001 :2000 (ISO 9001: 2000) 認証取得 登録番号 MSA-QS-3256
和菓子の開発及び製造に於ける品質マネジメントシステム
   
平成20年 8月
北海道「HACCPに基づく衛生管理導入評価事業」にて評価を受けました。
評価の対象 : 冷凍和菓子 6段階中 評価段階 6
評価の対象 : 冷凍餡 6段階中 評価段階 6
平成21年 1月
JIS Q 14001 :2004 (ISO 14001: 2004) 認証取得 登録番号 MSA-ES-783
和菓子の開発及び製造に於ける環境マネジメントシステム
   
平成21年 4月
第48回2009年世界食品コンクール モンドセレクション(ベルギー・ブリュッセル)
おはぎでは世界初の銅賞受賞(紅白おはぎ)
平成21年 7月
資本金6,000万円に増資
平成21年 8月
第3回ものづくり日本大賞 優秀賞受賞
伝統技術の応用部門
硬化防止剤を用いたおはぎ生地製造方法の開発による冷凍おはぎの実現
平成21年12月
JIS Q 9001 :2008 (ISO 9001: 2008) 再認証取得 登録番号 MSA-QS-3256
平成22年 4月
第49回2010年世界食品コンクール モンドセレクション(ベルギー・ブリュッセル)
小倉あんのおはぎで銅賞受賞(小倉あんのおはぎ)
平成23年2月
北海道経済産業局長表彰を頂きました。平成22年度貿易・投資貢献企業
平成23年2月
素材シリーズ(北海道素材にこだわった手づくり和生菓子)初めての自社ブランド商品として発売 札幌のきたキッチンさん
平成28年11月
東京西早稲田に直営店1号店「北海道おはぎよしかわ」出店